おすすめ商品紹介 スポーツ・アウトドア

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット サーマレストとの比較【 アウトドア 】

暑い夏も終わり、レジャー日和が続いています。

真夏の間はレジャーを控えていた方も、もう動き出していることでしょう。

現在使っている、または去年使っていたマットに不満はありませんか?

「重くて持ち運びが不便」、「寝心地が悪い」などなど・・・

今回はそんなお悩みを解決できるコスパ最強のマットである「キャプテンスタッグ EVAフォームマット」を、有名ブランドのサーマレストと比較しながらご紹介します。

 

この記事はこんな方におすすめ

キャンプ用のマットを探している方

今使用しているマットが重たくて困ってる方

サーマレストとどちらにするか悩んでいる方

 

キャプテンスタッグEVAフォームマットのおすすめポイント

今回の記事の目玉であるキャプテンスタッグEVAフォームマットのおすすめポイントは以下の4点です。

  • 厚さ2㎝もある凹凸が優れたクッション性
  • サイズが大きく様々なシーンで活躍
  • 軽量・折りたためてコンパクトに収納できる
  • コスパ最強

 

凹凸の優れたクッション性

表面を波形にしていることで厚みが増すため、クッション性が高い。

また、凸部分に温かい空気の層ができ、保温性に優れ、地面の凸凹だけでなく冷気も防ぐことができます。

 

サイズが大きい

幅56㎝×長さ182㎝。

テント泊や車中泊時のクッションに。

アウトドアにとどまらずヨガマットとしてもお使いいただけます。

また、クッション性が高いので、布団の下にマットレス代わりに敷くのもおすすめです。

 

軽量でコンパクトに収納できる

折りたたんでバントで留めるだけで撤収が簡単。

使用時もバンドを外して広げるだけ、数秒でセットできます。

収納サイズは13㎝×12.6㎝×56㎝、重量は270gと非常にコンパクトで軽量。

今使用しているマットが重くて困っているのなら、この商品がおすすめです。

 

コスパ最強

耐久に関しては使用方法や使用者の体重に関わりますが、20~60回程度のようです。

ただ、このクオリティなのにAmazonの販売価格は1936円(2021/9/29時点)と超お買い得です。

ブランドに拘りがないのであれば、とりあえずこのマットを試してみることをおすすめします。

 

 

EVAフォームマットとサーマレストとの比較

今回はサーマレスト クローズドセルマットレス Zライトソルと比較していきます。

比較項目は「サイズ」「重量」「価格」です。

 

サイズの比較

EVAフォームマット・・・56×182×2(収納時・・・56×12.6×13)

サーマレスト・・・51×183×2(収納時・・・51×15×13)

長さと厚さはどちらも2㎝で変わりありません。

幅5㎝の違いが大きいですがメリットもデメリットもあります。

幅が広い方が横になる時の寝心地がいいですが、収納面では不利です。

リュックに横向きで取り付けるのは危険ですので、注意してください。

 

重量の比較

EVAフォームマット・・・270g

サーマレスト・・・410g

重さの違いは約140g。

大差ないよう感じるかもしれませんが、登山などで使用する際はこの違いが徐々に響いてきます。

使用用途によって選びましょう。

 

価格の比較

EVAフォームマット・・・1900~3000円(2021/9/29現在)

サーマレスト・・・6000~8000円(2021/9/29現在)

一目瞭然です。

正直性能には大差ありませんので、ブランドで選ばない方はEVAフォームマットを選ぶべきだとおすすめできます。

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ M-3318 [ EVAフォームマット(56×182cm) ] キャンプ レジャー マットレス 車中泊 仮眠 防災

価格:2,338円
(2021/9/29 19:30時点)
感想(13件)

 

最後に

10月からいよいよ緊急事態宣言が解除されます。

体調管理には気を付けながらですが、ぜひ新しいマットで楽しいレジャーをお過ごしください。

-おすすめ商品紹介, スポーツ・アウトドア
-, , ,

© 2022 ちょびんぶろぐ