おすすめ商品紹介 家電

フードプロセッサー Panasonic MK-K81 選び方 使い方 【おすすめ】

今回はフードプロセッサーの中でも人気上位のパナソニックフードプロセッサー「MK-K81」をご紹介します。

 

フードプロセッサーの選び方

人気や価格だけみて購入しても使いたい調理ができなかったり機能を持て余したりともったいない買い物になってしまいます。

そこでまずはフードプロセッサーの選び方について解説していきます。

・容量、サイズ

・洗いやすさ

・調理の種類

・安全性

これらを加味したうえで、最適な商品を選びましょう。

パナソニック フードプロセッサー MK-K81-W ホワイト

価格:15,280円
(2021/7/6 18:30時点)
感想(16件)

 

フードプロセッサーの選び方『容量・サイズ』

フードプロセッサーがあれば野菜のみじん切りや面倒な下ごしらえがほんの数秒で完了します。

ですが、調理したい量によっては何度もセットすることになりかえって手間が増えてしまいますので注意が必要です。

容器いっぱいに食材を詰めるとカッターが回らなくなるので、容器容量が記載されている場合、一度に調理できるのはその半分程度と考えてください。

容量が大きければその分全体のサイズが大きくなり、収納スペースが必要になります。

離乳食等をメインに考えていなら、小さめのものを選んだ方がいい場合もあります。

 

フードプロセッサーの選び方『洗いやすさ』

フードプロセッサーで調理の手間が省けても、手入れに時間をとられては時短になりません。

洗う部品は多いか?

取り外しが面倒ではないか

食洗器に対応しているか

など、洗いやすさにも注意が必要です。

 

フードプロセッサーの選び方『調理の種類』

フードプロセッサーには切る、刻む、こねる以外にもおろしや泡立てなどの加工ができるものがあります。

自分が作りたい料理に合わせて適切な商品を選びましょう。

 

フードプロセッサーの選び方『安全性』

刃が高速回転するフードプロセッサーは、正しく使用しないと危険です。

「全てのパーツがセットされていないと作動しない」

「モーターが高温になったときは作動しない」

といった安全装置がついているものを選びましょう。

 

パナソニックフードプロセッサー「MK-K81」

基本情報

容量…ハンバーグのたね500g

サイズ(㎝)…幅15.4×奥行22.5×高さ21.2

重量…約2.8㎏

食洗器…非対応

調理…刻む、する、混ぜる、粗おろし、おろし、とろろ、スライス、千切り、パン生地練り

機能…高速スイッチ、あらびきスイッチ、低速スイッチ

安全…モーター保護、入れすぎストッパー

容量はハンバーグのたね500g分と大きめです。

その分サイズが大きく、重量も3㎏近いので収納場所に注意してください。

誤作動装置はありませんが、モーター保護はついています。

5種のアタッチメントによる幅広い調理内容がとても魅力的です。

ご家族が多い方や、パン作りをする方にはとてもおすすめです。

 

最後に

商品の購入される場合はお近くの家電量販店や通販で価格をチェックすることをおすすめします。

通販で購入される方は商品やショップの口コミ、保証内容をしっかり確認しましょう。

 

-おすすめ商品紹介, 家電
-

© 2022 ちょびんぶろぐ